kyoto-tripは京都に関する記事を発信する情報メディアです
【大本山東福寺】青もみじライトアップ

  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2021年05月25日

【大本山東福寺】青もみじライトアップ

by kyoto-trip STAFF

1+

臨済宗東福寺派大本山である東福寺。「八相の庭」と称される本坊庭園、東福寺三名勝のひとつ「通天閣」など言わずと知れた東福寺の絶景が、すがすがしい初夏から夏の夜にライトアップされます。なんと史上初!




秋の紅もみじのライトアップは、言わずもがなの美しさですが、濃淡入りまじった緑に光が映える今回のこの青もみじも必見。とくに日が完全に落ちる前、あたたかな夕日の差すなかに、薫風を感じながらの散策も一興です。徐々に暗くなっていく美しさの変化も素敵ですね。






この東福寺は、藤原一門でときの摂政関白、九条道家によって建立されました。大きな伽藍をもつこの東福寺は、19年もの歳月をかけて造られたそうです。

「東福寺」の名の由来に、奈良の東大寺と興福寺があるということはよく知られていますが、道家は発願文に「洪基を東大に亜(つ)ぎ、盛業を興福に依る」と残しています。

東福寺とその多くの塔頭は、北谷、中谷、そして南にある小さな渓谷を取り入れています。散策中、せせらぎの音が聞こえてくるのはここを流れる川からです。そしてそれらにかかる通天橋、臥雲橋からの眺めは、もちろん東福寺散策の醍醐味のひとつです。






東福寺を詠んだ和歌には、数ある秋の絶景のものの中で、深緑の季節を詠んだ九条武子の歌があります。

老僧の 紫衣もみどりに そみつべき
通天橋の 若楓かな

まさにあたり一面に広がってどこまでも続く、奥行きある緑色に吸い込まれるような思いがします。

東福寺国宝ライトアップ特別夜間拝観・青もみじライトアップ特別散策

渓谷を埋め尽くす青もみじが壮麗な大伽藍・東福寺で、史上初の新緑ライトアップ。

「Light of Hope for the Future~未来を照らす希望の光~」をテーマに、会場の一部ではブルーのライトアップを実施されます。

【ライトアップ 見どころ】

イベント詳細

参考動画

取材:よしかわまり
取材日時:2021/05/22

1+