kyoto-tripは京都に関する記事を発信する情報メディアです
京都の花暦

京都の花暦

2018年神無月(10月)の歳時 寒露 10月8日 / 霜降 10月23日

1日~5日
ずいき祭 北野天満宮
1日~9日
御香宮神幸祭 御香宮神社
中秋の頃
観月の夕べ 大覚寺
第2土・日曜
春日祭 春日神社
体育の日を含む連休の三日間
壬生狂言 壬生寺
19日~20日
二十日ゑびす ゑびす神社
22日
時代祭 平安神宮
22日
鞍馬火祭 鞍馬由岐神社
第3日曜
城南宮神幸祭 城南宮

10月の花

梅擬

梅擬 (ウメモドキ) 9月中旬~1月下旬

山地の湿ったところに生え、高さは2~3メートルほど。葉が梅に似ています。花の時期は薄紫、実がなる時期は鮮やかな赤と、色の移り変わりに心ひかれます。

主な名所
  • 圓光寺
  • 等持院
  • 法金剛院
  • 南禅寺
桔梗

桔梗 (キキョウ) 6月初旬~10月下旬

安倍晴明が用いた五芒星が桔梗印と呼ばれていたことで、いまの晴明神社では神紋となっているそうです。

主な名所
  • 智積院
  • 蘆山寺
  • 天得院
嵯峨菊

嵯峨菊 (サガギク) 10月下旬~11月下旬

主な名所
  • 大覚寺
  • 祇王寺
  • 法金剛院
秋海棠

秋海棠 (シュウカイドウ) 8月下旬~10月下旬

集まったつぼみはまるでキャンディのようなかわいさです。少し日陰の、湿気の多いところに多く見られます。大原の三千院や寂光院などで見られます。

主な名所
  • 寂光院
秋明菊

秋明菊 (シュウメイギク) 9月中旬~10月下旬

近年は交配品種のためピンクだけでなく、様々な色のものがあります。

主な名所
酔芙蓉

酔芙蓉 (スイフヨウ) 8月下旬~10月下旬

「酔う」という呼び名がつけられたのは、朝咲き始めた白い花びらが、だんだんとピンクに変わっていくためだそうです。そして夕方にはしぼんでしまう儚さから、美しい女性のたとえにもなっています。

主な名所
  • 大乗寺
芒

芒 (ススキ) 10月初旬

主な名所
石蕗

石蕗 (ツワブキ) 10月初旬~11月下旬

主な名所
  • 圓徳院
  • 常寂光寺
  • 城南宮
萩

萩 (ハギ) 8月下旬~10月初旬

枝垂れした茎に、赤い実がたくさんなります。秋の七草の一つとして、古くから日本人に愛され、古くは万葉集でも季語として使用されています。

主な名所
芙蓉

芙蓉 (フヨウ) 8月下旬~10月下旬

芙蓉はアオイ科に属する花で、8月あたりに開花します。暖かな地方に自生する花で日本では九州地方に多く自生しています。

主な名所
  • 等持院
杜鵑草

杜鵑草 (ホトトギス) 10月中旬~10月下旬

主な名所
  • 三千院
  • 蓮華寺
  • 圓徳院
  • 源光庵
  • 詩仙堂
紫式部

紫式部 (ムラサキシキブ) 9月下旬~12月下旬

名のように、実の薫るような紫色と女性的なイメージのように淡い紫色に連なって咲く花が愛らしいです。

主な名所
  • 平安神宮
  • 蘆山寺
  • 実光院
  • 平野神社